群馬県の社会保険労務士 ・行政書士 実績と信頼できるパートナー

経営お役立ち情報

中小企業 海外ビジネス戦略推進支援事業(補助金)
( 2017.3.15)

▼概要
「海外ビジネス戦略推進支援事業」では、海外市場に活路を見出そうとする中小企業・小規模事業者の海外展開に向けた戦略策定や販路開拓につなげるため、F/S(事業可能性調査)支援や、外国語Webサイト作成支援を実施します。

▼詳細
「独立行政法人 中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

中小企業活路開拓調査・実現化事業(補助金)
( 2017.3.15)

▼概要
「中小企業活路開拓調査・実現化事業」は、環境変化等に対応するため、単独では解決困難な諸テーマ(新たな活路開拓・付加価値の創造、既存事業分野の活力向上・新陳代謝、取引力の強化、情報化の促進、技術・技能の継承、海外展開戦略、各種リスク対策等)について、中小企業連携グループが改善・解決を目指すプロジェクトを支援します。

▼詳細
「全国中小企業団体中央会」
詳しくはこちらへ

地域団体商標事例集2017
( 2017.3.15)

▼概要
地域団体商標制度は、地域ブランドをより適切に保護することにより、事業者の信用の維持を図り、産業競争力の強化と地域経済の活性化を支援することを目的として、平成18年に創設された制度です。
例えば「能登ふぐ」や「有田みかん」、「玉造温泉」、「一宮モーニング」のように、地域名と商品・役務(サービス)名を組み合わせた商標を、組合、商工会、商工会議所、NPO及びそれらに該当する外国の法人が出願、登録することができます。
この事例集では598件を紹介しています。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ


ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)
( 2017.3.1)

▼概要
「ふるさと名物応援事業補助金(JAPANブランド育成支援事業)」は、複数の中小企業などが連携して、優れた素材や技術などを活かし、その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力の確立を目指す取組みに要する経費の一部を補助することにより、地域中小企業の海外販路の拡大を図るとともに、地域経済の活性化および地域中小企業の振興に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

契約書・機密文書について学びましょう
( 2017.3.1)

▼概要
主な秘密文書には、企業秘密に関する文書、取引先から受け取った秘密文書、個人情報を記載した文書があります。具体的に何が秘密文書にあたるか、それぞれをいかに管理すればよいか、また、秘密文書の外部漏洩を防ぐ実務的対策が学べます。
さらに、「契約書」「合意書」「覚書」の違いや、「割印」「捨印」の意味など、契約書の基本がわかりやすく解説されています。

▼詳細
「中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

「価格交渉ノウハウ・ハンドブック」および「事例集」
( 2017.3.1)

▼概要
経済の好循環を実現するためには、下請等中小企業の取引条件を改善していくことが必要です。このため、中小企業庁と公正取引委員会では平成28年12月に下請法の「運用基準」、下請振興法の「振興基準」などの改正を行いました。
その内容を下請等中小企業の価格交渉力強化を支援するために作成した「価格交渉ノウハウ・ハンドブック」および「事例集」に反映させ、また、中小企業の方々からのご意見を反映させ、より分かりやすい資料にしました。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


まちなか商業活性化支援事業費補助金(中心市街地再興戦略事業)
( 2017.2.15)

▼概要
まちなか商業活性化支援事業(中心市街地再興戦略事業)は、中心市街地の活性化に資する調査、先導的・実証的な商業施設等の整備及び専門人材の招聘に対して重点的支援を行うことにより、まちなかの商機能の活性化・維持を図り、市町村が目指す「コンパクトでにぎわいあふれるまちづくり」を推進するものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

ふるさと名物応援事業補助金(低未利用資源活用等農商工等連携支援事業)
( 2017.2.15)

▼概要
「ふるさと名物応援事業補助金(低未利用資源活用等農商工等連携支援事業)」は、中小企業者と農林漁業者とが有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して行う新商品・新役務の開発、需要の開拓等を行う事業に係る経費の一部を補助します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

ふるさと名物応援事業補助金(地域産業資源活用事業、小売業者等連携支援事業)
( 2017.2.15)

▼概要
「ふるさと名物応援事業補助金(地域産業資源活用事業、小売業者等連携支援事業)」は、地域の優れた資源(農林水産物または鉱工業品、鉱工業品の生産に係る技術、観光資源)を活用した新商品・新サービスの開発や販路開拓に取り組む中小企業者に対し、市場調査、研究開発に係る調査分析、新商品・新役務の開発(試作、研究開発、評価等を含む)、展示会等の開催または展示会等への出展、知的財産に係る調査等の事業に係る経費の一部を補助します。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ


下請中小企業自立化基盤構築事業(補助金)
( 2017.2.1)

▼概要
本事業は、2者以上の特定下請事業者が連携し、それぞれの経営資源を有効に活用して、新たな事業活動を行うことにより、特定親事業者以外の者との下請取引等を開始又は拡大し、当該特定下請事業者のそれぞれの事業活動において特定下請取引の依存の状態の改善を図る取組を支援することにより、下請中小企業の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業(補助金)
( 2017.2.1)

▼概要
本事業は、親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、又は閉鎖・縮小が予定されている影響により売上げが減少する下請小規模事業者等が、新分野の需要を開拓するために実施する事業の費用を一部補助することにより、取引先の多様化を図り、下請小規模事業者等の振興と経営の安定に寄与することを目的としています。

▼詳細
「中小企業庁」
詳しくはこちらへ

「確定申告」 ネットで自動計算
( 2017.2.1)

▼概要
確定申告の時期が近づいてきました。ほとんどの給与所得者は、年末調整で所得税が精算されるため確定申告をする必要はありません。
しかし、給与所得者でも確定申告が必要な場合や、確定申告をすると源泉徴収された所得税が還付される場合があります。

給与所得者で確定申告が必要な方
(1) 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
(2) 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える方
(3) 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方
(4) 公的年金等に係る雑所得の金額から所得控除を差し引いた結果、残額がある方(ただし、公的年金等の収入金額が400万円以下である場合には、所得税及び復興特別所得税の確定申告は必要ありません。)
(5) 外国企業からの退職金など、源泉徴収されない退職所得がある方

下記サイトで確定申告の計算・印刷ができます。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


小規模事業者のための着地型観光商品開発・販路開拓セミナー
( 2017.1.15)

▼概要
地方創生の取組みや訪日外国人の急増といった環境変化の中で、小規模事業者が観光産業においてビジネスチャンスを掴めるよう、「小規模事業者におけるビジネスとして成り立つ着地型観光商品の開発・販路開拓」をテーマに、セミナーを開催いたします。

※「着地型観光」とは、その地域ならではの観光資源を活用した旅行商品や体験プログラムを地域(着地)側が企画・運営する集客型の観光形態です。
従来の大都市(発地)の旅行会社が企画・運営する送客型の「発地型観光」に比べ、地域経済への波及効果が大きく、かつ幅広いと期待されています。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

伝統的工芸品産業支援補助金
( 2017.1.15)

▼概要
本補助金制度は「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の規定に基づき経済産業大臣が指定した工芸品の組合、団体及び事業者等が実施する事業の一部を国が補助することにより、伝統的工芸品産業の振興を図ることを目的としています。

各産地における伝統的工芸品の原材料確保対策事業、若手後継者の創出育成事業のほか、観光業など異分野や他産地との連携事業、国内外の大消費地等での需要開拓などに対して支援を行います。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

磨こう「接客スキル」
( 2017.1.15)

▼概要
真心を込めて接客をしているつもりなのになぜか上手くいかない。
どのようにすれば接客スキルが向上するかわからない。
そんな悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか?

参考事例も含めてその対策を紹介しています。
(1) 接客の現状と具体的な施策を確認
(2) 効果的な社員教育を知る
(3) 他社を参考にする・差をつける
(4) 外国人への接客

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ


商店街集客力向上支援事業
( 2017.1.1)

▼概要
商店街等において、外国人観光客の消費需要等を取り込むための環境整備や消費喚起につながるIC型ポイントカードシステム又はキャッシュレス端末導入等整備を行うために必要な経費の一部を支援します。

▼詳細
「商店街集客力向上支援事業事務局」
詳しくはこちらへ

模倣品・海賊版撲滅キャンペーン
( 2017.1.1)

▼概要
近年、手口の巧妙化やインターネット上の取引における被害の増加など、模倣品・海賊版による被害は複雑化・広範化しています。
特許庁では、ホームページ内にキャンペーンウェブサイトを開設し、模倣品購入リスクを認知する動画の配信のほか、模倣品の見分け方や怪しいサイトの見分け方など、ニセモノに騙されないための実践的な知識の提供、模倣品・海賊版撲滅に向けた関係団体の取組等を掲載しています。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ

高校生ビジネスプラン・グランプリ
( 2017.1.1)

▼概要
「高校生ビジネスプランコンテスト」では、全国の高等学校の生徒からなるグループまたは個人を対象に、自由な発想や想像力を生かしたビジネスプランを募集しました。
324校から2,662件のエントリーがあり、ファイナリスト10組が最終審査を待っています。

若者ならではの自由な発想や創造力を活かした、「人々の生活や世の中の仕組みをより良いものに変えるビジネスプラン」や「地域の課題や環境問題などの社会的な課題を解決するビジネスプラン」が提案されています。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ


軽減税率対策補助金
( 2016.12.15)

▼概要
軽減税率対策補助金は消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

平成28年11月18日に消費増税延期法が成立し、消費税の軽減税率制度は、平成31年10月1日から実施されます。このため、軽減税率対策補助金の申請受付期間が平成30年1月31日まで延期されることになりました。

▼詳細
「軽減税率対策補助金事務局」
詳しくはこちらへ

ロボット大賞
( 2016.12.15)

▼概要
経済産業省と一般社団法人日本機械工業連合会は、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省との共催により「ロボット大賞」を実施しています。

ロボットは、ものづくり分野はもとより、サービス分野、介護・医療分野、インフラ・災害対応・建設分野、農林水産業・食品産業分野などの幅広い分野における利活用が進むことが考えられます。
・生産性の飛躍的向上
・単純な繰り返し作業や過重な労働等からの解放
・急速な少子高齢化が引き起こす労働力不足の解消
などが期待されます。

将来の市場創出への貢献度や期待度が高いと考えられるロボット・システムやロボットに関連するビジネス等を表彰しています。

▼詳細
「ロボット大賞」
詳しくはこちらへ

小企業の経営指標 2016
( 2016.12.15)

▼概要
小企業は事業所数が多く、わが国経済の発展に大きな役割を果たしていますが、その経営実態を把握するためのデータは乏しいのが実情です。日本政策金融公庫では1965年以来、小企業の標準的な指標を作成し、中小企業関係者各位の参考に供するため、本調査を実施しています。

▼詳細
「日本政策金融公庫」
詳しくはこちらへ


革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金
( 2016.12.1)

▼概要
国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援します。

▼詳細
「全国中小企業団体中央会」
詳しくはこちらへ

改正個人情報保護法の全面施行(平成29年春頃予定)
( 2016.12.1)

▼概要
個人情報保護法の改正により、これまでは「保有する個人情報の数が5000以下の事業者」には個人情報保護法が適用されませんでしたが、今回の改正により個人情報を取り扱うすべての事業者が個人情報保護法の対象となります。

▼詳細
「経済産業省」(PDF)
詳しくはこちらへ

年末調整がよく分かる!
( 2016.12.1)

▼概要
事業主は従業員に給与を支払う際、「源泉徴収税額表」に基づく所得税額を、給与から源泉徴収して納付することになっていますが、その源泉徴収をした税額の合計額とその人の納めるべき年税額とはほとんど一致しません。

税額が一致しない理由
(1) 源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られているが実際は年の中途で給与の額に変動があるため。
(2) 年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正しないため。
(3) 配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することになっているため。

この不一致を精算するのが年末調整で、1年間に徴収した源泉徴収税額と年税額との過不足額を計算して、その差額を本人から徴収又は還付します。
年末に行うことから「年末調整」と呼ばれています。

▼詳細
「国税庁」
詳しくはこちらへ


小規模事業者持続化補助金の公募開始
( 2016.11.15)

▼概要
小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)を支援します。
複数の事業者が連携した共同事業、海外展開や雇用対策に取り組む事業、移動販売などによる買い物弱者対策に取り組む事業については、補助上限額を引き上げています。
また、業務効率化・生産性向上に向けた取り組みも支援の対象とします。

補助対象となる取組例

(1) 新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布
(2) 幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化
(3) 新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展
(4) 新たな市場を狙って商品パッケージのデザインを一新

▼詳細
「日本商工会議所」
詳しくはこちらへ

経営計画作成アプリ『経営計画つくるくん』
( 2016.11.15)

▼概要
中小企業基盤整備機構では、経営計画書の作成に不慣れな事業者の方、あるいは、中小企業・小規模事業者の経営計画書作成の支援に携わる方に利用いただくことを目的として、経営計画作成アプリ『経営計画つくるくん』を開発しました。

▼詳細
「独立行政法人中小企業基盤整備機構」
詳しくはこちらへ

中小企業海外展開事例集
( 2016.11.15)

▼概要
人口減、国内マーケットの縮小など日本国内の環境が厳しさを増す一方で、世界に目を向けると、アジアをはじめとする新興国の発展や経済連携協定などによる市場の拡大が見込まれます。

本事例集では、中小企業経営者の“生の声”を掲載するとともに、海外に出ていくための手順・プロセス、相談先などをわかり易くご紹介しています。社員数10人でも海外展開に挑戦している企業もあります。

▼詳細
「東京商工会議所」
詳しくはこちらへ


営業秘密管理(技術情報流出リスクと対策)
( 2016.11.1)

▼概要
研究開発や営業活動によって得た独自技術やノウハウは、魅力的な製品やサービスを生み、競争力の源となる非常に重要な資産です。しかし、技術やノウハウを持った人材の国境を越えた流動化、IT技術による大量データの持ち出しが可能になったこと等から、国内外への技術情報流出のリスクが高まっています。
対策のポイントとしては、経済産業省が策定した「営業秘密管理指針」に基づいた管理を実行することで、流出予防にもなり、流出時の法的保護を受けられる可能性が高まります。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

大人の武者修行
( 2016.11.1)

▼概要
「大人の武者修行」は、貴社の次代を担う経営人材を優良企業の職場に送り、一緒に汗をかきながら働くことを通じてサービスイノベーションの極意を学び取る、新しいタイプの社会人インターンシップです。
「武者修行者」が持ち帰る、優れた企業のDNAやサービスビジネスの極意が、貴社の風土を根本的に変えていきます。

▼詳細
「サービス産業生産性協議会」
詳しくはこちらへ

中堅・中小製造業向け「スマートものづくり応援ツール」を公表
( 2016.11.1)

▼概要
欧米企業等を中心にIoTの活用による製造業の新たなビジネスモデルの創出が始まっている中、我が国中堅・中小製造業は、IoTで何ができるのか、どのようなデータをどう活用したら良いのか等の悩みを持っています。
そのような悩みを抱える中堅・中小製造業が、「高度で手の届かない」という認識を捨て、より簡単に低コストで使える業務アプリケーションやセンサーモジュール等のツールを着実に活用できることが望まれます。

ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)では、中堅・中小製造業が簡単に、低コストで使えるIoTツールを募集し、応募いただいたツール情報を「スマートものづくり応援ツール」として取りまとめました。

経済産業省は本取組を支援しており、今後も中堅・中小製造業のIoT活用の推進を図ります。

▼詳細
「ロボット革命イニシアティブ協議会」
詳しくはこちらへ


グレーゾーン解消制度及び企業実証特例制度の活用結果
( 2016.10.15)

▼概要
グレーゾーン解消制度は、現行の規制の適用範囲が不明確な場合においても安心して新事業活動を行ない得るよう、具体的な事業計画に即して、あらかじめ、規制の適用の有無を確認できる制度です。

企業実証特例制度は、新事業活動を行なおうとする事業者による規制の特例措置の提案を受けて、安全性等の確保を条件として、「企業単位」で規制の特例措置の適用を認める制度です。

両制度の特徴
(1) 企業ごとに照会・申請が可能です。
(2) 原則1カ月以内に回答が得られます。
(3) 事業所管省庁がしっかりサポートします。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

下請かけこみ寺
( 2016.10.15)

▼概要
「下請かけこみ寺」事業は、中小企業庁からの委託事業で、中小企業の取引に関する様々な相談を無料で受け付けています。

相談例
・支払日を過ぎても代金を支払ってくれない
・原材料が高騰しているのに単価引き上げに応じてくれない
・発注元から棚卸し作業を手伝うよう要請された
・お客さんからキャンセルされたので部品が必要なくなったと言って返品された
・「歩引き」と称して、代金から一定額を差し引かれた
・長年取引をしていた発注元から突然取引を停止させられた

▼詳細
「公益財団法人 全国中小企業取引振興協会」
詳しくはこちらへ

専門家派遣
( 2016.10.15)

▼概要
「新しく事業を始めたいけど、何から手をつけていいかわからない」
「資金調達の方法が分からない」
「そろそろ海外との取引も開始したいけど実績がない...」
「ITを活用して、販路拡大を実現したい」
そんなときは、ひとりで悩まず、専門家に相談してみましょう。

専門家派遣では、中小企業の経営に関わる各分野の専門家が、課題解決の第一歩に向けたお手伝いをします。派遣による相談は今年度3月末日までの間に3回まで無料で受けられます。
ただし予算の消化状況によってはそれよりも早く終了する場合があります。

▼詳細
「中小企業庁 ミラサポ」
詳しくはこちらへ


無料! 実務者向け「知的財産権制度説明会」
( 2016.10.1)

▼概要
知的財産権の業務に携わる実務者の方を対象に、知的財産権制度を円滑に利用していただくため、実務上必要な知識の習得を目的とした知的財産権制度の説明会を全国の主要都市で開催します。

特許・意匠・商標審査の運用基準や企業活動をグローバルに展開していく上で重要となる国際出願の手続き等について、より実務に役立つ内容を特許庁職員等が分かりやすく解説します。

▼詳細
「特許庁」
詳しくはこちらへ

「地域中小企業人材バンク事業」の活用
( 2016.10.1)

▼概要
中小企業庁「地域中小企業人材バンク事業」では、地域の中小企業・小規模事業者にとっての重要な経営課題の一つである人材確保を支援します。
具体的には、全国に「地域人材コーディネート機関」が設置され、「UIJターン人材拠点」(仙台、東京、名古屋、大阪、九州の5拠点)とも連携し、中小企業・小規模事業者の経営に資するような、都市部の若手人材や地域内外の若者、女性(主婦)、シニア等の多様な人材を発掘します。

▼詳細
「地域中小企業人材バンク事業」
詳しくはこちらへ

「省エネルギー技術戦略2016」を策定されました
( 2016.10.1)

▼概要
資源エネルギー庁は、省エネルギー技術の研究開発及び普及を効果的に推進するため、省エネルギーに大きく貢献する重要分野を特定した「省エネルギー技術戦略2016」を国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とともに策定しました。

「省エネルギー技術戦略2016」は、「徹底した省エネルギー社会の実現」に向けて、効果的に研究開発やその成果の普及を図るため、重点的に取り組むべき技術を特定するとともに、導入に向けたシナリオ等を取りまとめたものです。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ


「経営力向上計画」の認定で固定資産税軽減
( 2016.9.15)

▼概要
中小企業・小規模事業者等は、人材育成、コスト管理のマネジメントの向上や設備投資等、事業者の経営力を向上させるための取組内容などを記載した事業計画(「経営力向上計画」)を作成します。
計画の認定を受けた事業者は、機械及び装置の固定資産税の軽減(資本金1億円以下の会社等を対象、3年間半減)や金融支援等(低利融資、債務保証等)の特例措置を受けることができます。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ

「おもてなし規格認証制度」がスタート
( 2016.9.15)

▼概要
経済産業省がサービスの品質を「見える化」するために創設した「おもてなし規格認証制度」がスタートしました。

「おもてなし規格認証2016」の登録サイトにアクセスし、顧客・従業員・地域社会の満足度を高めるための取組項目にチェックすると「おもてなし規格認証2016」マークと登録証がもらえます。
マークや登録証は、店頭などに掲出することができ、皆様が提供するサービスの品質や取組のPRにつながります。

▼詳細
「一般社団法人 サービスデザイン推進協議会」
詳しくはこちらへ

攻めのIT経営 募集開始と過去の事例
( 2016.9.15)

▼概要
近年のITの高度化、低価格化等によって、その活用が企業の経営革新に一層有益な役割を果たすことが期待されています。また、これまでのIT投資が、社内の業務効率化・コスト削減を中心とした「守り」に主眼が置かれていたのに対して、今後はビジネスモデル変革等、IT投資・利活用による新たな価値の創出や競争力強化を目指す、いわゆる「攻めのIT経営」の推進が求められています。

経済産業省では平成26年度から、攻めのIT投資に積極的に取り組み、成果を上げている中小企業をベストプラクティスとして選定する「攻めのIT経営中小企業百選」を実施し、3年間で計100社を発表する予定です(これまでに60社を選定・公表済)。

3年目となる今年度は9月1日から募集が開始されました。

▼詳細
「経済産業省」
詳しくはこちらへ





お問合せ 電話

◆お役立ち情報

経営に役立つ情報を、毎月更新して掲載しております。
お役立ち情報はこちら

◆主な業務

◆連絡先

株式会社
蜂巣労務管理事務所

〒371-0847
群馬県前橋市大友町3丁目12−9

TEL 027−252−1335
FAX 027−253−7600
e-mail  コチラヘ

  

メルマガ登録

ページのトップへ戻る